2016年04月14日

サクラソウ

image-c1cf1.jpeg
私の部屋からは、毎年この季節になるとジュウニヒトエとサクラソウが窓越しに見ることができます。
お庭の土に合うようでびっしりと群生しています。
サクラソウは30年以上前に母が知り合いから頂いてきたそうで田島ヶ原サクラソウです。
サクラソウ【桜草】は埼玉県の県花であるということをご存知の方もいらっしゃると思います。
江戸時代には荒川河川敷に普通に見られた花ということですが、現在では絶滅し、天然記念物として保護され『さくら草公園』として田島ヶ原のみ自生しています。
我が家の小さな庭の中で放っておいても増え続けるくらいですので、農家さんや旧家で古民家に住み続けていらっしゃるお宅に伺うと、時々、たくさん自生しているのを見かけたりします。
本来は野に生える草花なので生命力は強いはずです。

image-1ba53.jpeg
我が家では、他にも窓越しに色んな草花や庭木を観察することができます。「和室の前に植えてあるシロヤマブキがが昨日から咲いたのよ」と母。
室内で育てている蘭も見頃。

和室は、父の設計では茶室として使えるように水屋がついていますが炉は切られていませんでした。
居間に隣接していますので、その時の家族の暮らしに合わせた用途として便利に使われてきました。
炉を切りたいと頼まれて図面は描いてあるものの、まだまだ先になりそう。
聚楽の補修も必要です。
父が亡くなってからあちこち補修する必要が出てきた我が家。

建具は大阪猫間といわれる猫間バネで上げ下げ出来る猫間障子。(横引きのものは関東猫間。手間がかかるため、普及せずにご存知の方も少ないそうです)
襖は、何層にも和紙を重ねて色や模様を浮き立たせる技術を持った職人さんが手作りした江戸からかみ。
建具ひとつ変えることで部屋の雰囲気が全く変わりますね。

文化財を数多く手がけてきた職人さんに建具の事をお聞きしたり教わったりするのですが、これも専門性があって全部を網羅するには難しいです。
建具や家具のデザインはスケッチをおこして一度この時点で職人さんに相談します。ある程度の見当がついたら、建具・家具図という図面を描いてそれを元に制作して頂いています。
職人さんの話では、どんなことをしたいのか、どんなイメージでいるのか。
その設計者の頭の中が見えた時に良いものが作れるとのこと。

建具ひとつの印象がその空間に与える影響は大きく、外との繋がりや庭の眺めも大きく変わります。
先ずは、クライアントさんとイメージ共有することが大切ですが、実現する為には職人さんとの意思疎通をしっかり取ることが大切です。

さくら草公園では今週半ば頃までサクラソウ祭りを開催しているようですので、ご興味のある方は是非、足を運んでみてはいかがでしょうか。
posted by kirara at 15:15| Comment(0) | 手づくりのモノ

2016年03月27日

母の手づくり

image-f6ca1.jpeg
キッチンをリフォームしてゆとりが出来ました。
今までお蔵入りしていた手づくりの作品を飾ることが出来るようになりました。
image-fb5cb.jpeg
藤で編んだお盆
image-a3505.png
パッチワークの座布団
image-ed945.jpeg
リリアンをほぐして描いた絵は元の位置に。
image-02681.jpeg
食卓の入り口にはロープ編みした梟。

母が若い頃からコツコツと作り続けてきたものです。
お施主さん見ていても同じですが、建物はできあがってから、楽しめることも多いものです。
posted by kirara at 09:37| Comment(0) | 手づくりのモノ

2016年03月17日

小さなキッチンリフォーム工事17日目

image-784f9.jpeg
キッチンリフォームも17日目を迎えました。
昨年末に水栓のハンドルが折れたことをきっかけに、床下が劣悪な状態になっていることに気が付きました。
排水管とシンク下の受け皿の接続不良で20数年少しずつ排水から汚水が漏れて12.5mm厚の合板と床材、根太、大引きを腐らせていました。メーカー施工当初の工事不具合ということがパッキンなどの確認をしてわかりました。

台所を一番良く使うのは母です。

冬場の寒さから、いつの間にか料理をする為の場所だけになっていましたが、数年前から母が臭気に気づいていました。
7年ほど前に耐震診断した際に見つけることが出来れば良かったのですが、父親が健在の頃は父が設計した家ということもあり、構造や配管などの本来なら見栄えより、もっと大切な部分を確認することもできませんでした。

お施主さんの住まいでしたら、構造・配管・配線などは年数の経つ住まいでしたら当然、優先的に見るべきところです。
早めに気が付いていれば床が抜ける前に補修できたと思います。

image-722cd.jpegimage-62aed.jpeg
既存は、奥にコンロのL型キッチンで食卓に向かって、作業台付き食器棚が対面になっていました。
家族に背中を向けて料理するのは孤立感があり、母が寂しいということで対面を希望しました。

構造耐力上、触れない壁もあり、キッチンが4帖、ダイニングが4.5帖の家事動線が狭い部屋です。
対面にすることで収納量が減ること、シンク上にあるものがリビンからでも目立ちやすくなること、作業動線の通路が狭くなる可能性があることを説明しながら、長年思い描いてきた「対面キッチンで料理を楽しみたい」という母の希望を聞きました。

既存であるがゆえの納まり等の制限ある中でなるべく動きやすく、ある程度の収納量を確保しながらすっきりと見えるように。
よ〜く話を聞き取りながら、メモから、スケッチ、図面を起しました。
施工会社や職人さんには新規の場合はもちろんのこと、途中で変更が出た場合でもスケッチや図面を書いてお渡しすることが大切です。
「どんなことを考えてどんなことをしたいのか?」ということを図面から読み取ることが出来れば、職人さんにも設計者がイメージしていることが伝わりますので工事が遅れずにスムーズに進むことになります。
現場で一番困ってしまうのが、こんなイメージにしてほしい、ここの納まりは〇mmとやたら図面も書かずに現場で口頭で終わらそうとする設計者とのこと。
家具図も細かい寸法を書き込み過ぎるのもかえって施工上、納まらなくなってしまうので、それよりも「どうしたいのか?どういうイメージなのか?」ということが伝わる図面が必要です。

1.臭気
2.寒さと採光
3.給排水
4.構造
5.使い勝手と心地よさ

我が家は予算が限られる中で、1からの優先順位で出来るだけのことをしました。
限りある予算の中で床壁の中などで見えなくなる設備、構造を中心にリフォームしました。
床下から上がる臭気や寒さに悩まされた20数年間、ようやく解消出来たと母が喜んで居ます。
職人さんたち、精一杯してくださったことに感謝!

image-f4695.jpeg
家具や窓枠・見切り材などはウォールナットのクリア塗装
床板と障子の桟は木曾桧

経年変化で色が馴染んで来ることを想定して材料選択をしています。
天然の木曾桧を製材してくださいました。

image-13d5f.jpeg

東京都庭園美術館や遠山記念館、他、文化財も手がけている職人さんたち。
古色などの色合わせが得意です。

image-b4958.jpeg

家具は、楢ですが全体に馴染みました。

image-cc07d.jpeg

奧に収納スペースを設けましたが、「3箱もゴミ箱が要らなかったわ。」と母。
1つは野菜ストッカー(網籠3段)にしたいそうです(>_<)
細かいところはそのような感じなので、生活しながら色々と話を聞いて使いやすいように揃えていきます。


image-7e4bc.jpeg

調味料置きは宮大工さんが仕上げた台ですが、飾り棚にしたいということでそうなりそうです。
設計者の考えと住む人の思いは少し違ったりしていることもありますが、長く愛される暮らしやすい住まいをつくるには、お引き渡してからそこに住む方が育んでいくということが一番良いと私は思って居ますので、母が使いやすいように考えて生活してもらえれば嬉しいです。IMGP3713.jpg

建具職人さん手作りの「歩くアヒル」が可愛い。
桧の香りが部屋中漂い、外から来るような害虫(蚊やゴキブリ、ダニなど)はしばらくは近寄らないと思います。
posted by kirara at 07:37| Comment(0) | 設計事務所の仕事

2016年03月12日

【プチ】キッチンリフォーム工事12日目

image1.JPG

今日は母が中学校時代の同窓会があるということで出かけて行きました。image2.JPG

IMGP3479.jpg

建具屋さんがウォールナットで作った建具を嵌めています。

建具屋さん、家具屋さん、宮大工さんが入り、一日がかりの造作工事。

建具・家具や棚、枠周りなども既製品では無く、ひとつ一つが職人の手づくりです。

なので、工場で加工してきたものをまた現場で合わせて組み直したりその場で加工もできますので、リフォームなどの古い家では現場で綺麗に納まります。

それは、それぞれの職方さん(造った本人達)が現場に来ているからということもありますね・・・

IMG_7204.jpg


IMG_7208.jpg

図面で合わないところは現場合わせなので、職人さんと相談しながら。

リフォームは新築よりも簡単に見えて実は納まりは難しいのです。塞いでしまえばわからないということで、後で不具合が出ていても気が付かないということが良くあります。

他人の手が入ったものを剥がしたりやり直したりするということは、建物全体の構成(計画・法規・構造・設備・施工)に明るなくてはいけません。逆に新築を一棟建てられるなら、リフォームもできるということになります。

次にメンテナンスする時に「あ、前の施工適当だなー!!」と言われないようにしたいですね。

IMG_7232.jpgIMG_7233.jpgIMG_7270.JPG
posted by kirara at 14:42| Comment(0) | 設計事務所の仕事

2016年03月10日

建具工事

image-e469a.jpeg
点検口の仕上げ。
キッチンパネル貼りからシール打ちまで仕上がりました。
image-6ae4c.jpegimage-b191b.jpegimage-e4f62.jpegimage-57294.jpeg
建具は建付け。
家自体が古く、壁や枠周りも歪んでいるので、綺麗に見えるように、不具合なく納めるには技術と経験から。

image-5faa0.jpeg
チークで作った木建具。ペアガラスが入ります。
【こしかた、蛇口、ビンタ】
枠、建具の納まりで、宮大工さんと建具屋さんの間で色々な言葉が出てきます。
posted by kirara at 15:18| Comment(0) | 設計事務所の仕事