2016年01月23日

キッチンきらら

image-b62f3.jpeg
数軒分のアルバムが出来上がりました。
「たとえホームページなどに載せなくても、写真にして残さなくてはダメだよ。」といういうご助言もあり、不精にしていたものを整理しました。
もちろん、設計図書や契約書などは保管してあります。
写真はパソコンやCDにバックアップはしてありますが、破損しているものがありました。
image-3f0b2.jpeg
こうして整理していて昨年の秋に【雲南風味キッチンきらら】のお施主さんからのご連絡を受けたことなどを思い出していました。
主要用途は店舗兼併用住宅なので1階には時計店と飲食店が入る予定で重量鉄骨造ですが、カウンターやテーブル、棚までもが無垢材、漆喰や自然素材にこだわって作ったのが閉店しました。
お施主さんの体調不良で鍋を振るうことができなくなったとのこと。
「毎晩、明かりがついて地元の常連さんで賑わってたよ〜もったい無いね。」
と近くに住む同級生から聞いて、惜しまれながらということなので仕方ありません。
内装などは、大家さんが現状回復工事を望まず、そのままの状態で残してくださっています。
本来なら貸し店舗ということであれば、内装材は数年綺麗に見えれば良しとする程度にしますが、キッチンきららは貸店舗ではありますが希望もあって住宅を作る時と変わらない材質のものを使用しています。
工務店の社長も「もったいないなー。」と言うのは見積をかなり頑張ったのと、日進は業務用の設備機器で有名な「ホシザキ」のお膝元でメーカーさんもかなり頑張って予算内近くに納めてあるので仕様自体が良いモノです。
本格的な中華では使えませんが、グリーストラップも入っていますので珈琲店プラスαのところまでは使うことができます。お施主さんの体調の事もありますので致し方ないのですが、色々なことを考えるとお店よりもお住まいのほうを居心地よくしたほうが良かったのではないかしら・・と思ったりもしました。
posted by kirara at 23:39| Comment(0) | お知らせ

2016年01月05日

2016年カレンダー

image1.JPG
当事務所のロゴをデザインしてくださったSHROKUMA DESIGN OFFICE 剣持章生氏から卓上カレンダーが届きました。ありがとうございます。
写真を撮るのがご趣味の章生氏。イラストレーター&絵本作家をご職業としている夫人の晶子さん。毎年、ご夫婦でそれぞれに製作された2つのカレンダーは対照的でありながらバランスがとれています。

当事務所のロゴは5案も出していただいたデザインを当時、お施主さんだったご家族に家族会議で決めていただきました。
デザイナーである章生氏も最初のインスピレーションで描いたものが決まったということでしたが、私も多く出していただいたデザイン案の中で同じものに魅かれました。
それぞれに、どれも良く練られたデザインでコンセプトもあり、素晴らしいものでした。

このことがあって、関わる人全てに心に響く感性が共有できた時に、良いものづくりができるということに気が付きました。建築設計で言えば「施主」「設計者」「施工者」です。
今でも、ご依頼してくださるお施主さん方々は事務所のロゴが好きだと仰る方も多く、小鳥がスヤスヤと眠り巣ごもりをしているデザインになっていることに気付いています。「小鳥の巣ごもり」は、「安らげる住まい」という意味があります。またそうしたコンセプトからデザインされたロゴです。
カレンダーをいただくと、初心を思い出し、また一年頑張ろうという気持ちになります。

当事務所は昨日より、新年初仕事をしています。
posted by kirara at 12:07| Comment(0) | お知らせ

2016年01月02日

謹賀新年

IMG_4479.JPG
<我が家の玄関、庭の草花に彩られて>

旧年中はお世話になりました方々に御礼申し上げます。
皆さまのご健康と幸せをお祈りいたします。
本年ものづくりを通して、ご縁を大切に精一杯精進して参りますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。
アトリエきらら一級建築士事務所 小林輝子 2016年1月2日
posted by kirara at 11:37| Comment(0) | お知らせ