2016年03月12日

【プチ】キッチンリフォーム工事12日目

image1.JPG

今日は母が中学校時代の同窓会があるということで出かけて行きました。image2.JPG

IMGP3479.jpg

建具屋さんがウォールナットで作った建具を嵌めています。

建具屋さん、家具屋さん、宮大工さんが入り、一日がかりの造作工事。

建具・家具や棚、枠周りなども既製品では無く、ひとつ一つが職人の手づくりです。

なので、工場で加工してきたものをまた現場で合わせて組み直したりその場で加工もできますので、リフォームなどの古い家では現場で綺麗に納まります。

それは、それぞれの職方さん(造った本人達)が現場に来ているからということもありますね・・・

IMG_7204.jpg


IMG_7208.jpg

図面で合わないところは現場合わせなので、職人さんと相談しながら。

リフォームは新築よりも簡単に見えて実は納まりは難しいのです。塞いでしまえばわからないということで、後で不具合が出ていても気が付かないということが良くあります。

他人の手が入ったものを剥がしたりやり直したりするということは、建物全体の構成(計画・法規・構造・設備・施工)に明るなくてはいけません。逆に新築を一棟建てられるなら、リフォームもできるということになります。

次にメンテナンスする時に「あ、前の施工適当だなー!!」と言われないようにしたいですね。

IMG_7232.jpgIMG_7233.jpgIMG_7270.JPG
posted by kirara at 14:42| Comment(0) | 設計事務所の仕事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。