2017年03月09日

リフォーム 茶室やキッチン

IMG_6104-c851b.JPG
建て主さん手づくりのフロランタン。
私が子供の頃、母がよく作ってくれたお菓子です。
とっても懐かしい味がしました。
ご馳走さまでした。
IMG_6111.JPG
旦那さまが捌いたお造り。
奥さまからお写真が届きました。
綺麗な捌き具合に、感動しました^ ^

IMG_6105.JPG
春から姪が中学校に通うようになります。入りたい部活は、茶道部との事。
その事を聞き、母は教える気満々。

また、昨年キッチンリフォームと一緒に持ち上がってきた和室に炉をきる話が再燃。
キッチンは私がまだ学生である時に、父がメーカーのリフォーム業者に依頼してインテリアコーディネーターも入って工事されたものでしたが、長年の漏水で床が抜け、急遽リフォームしなければキッチンが使えない状態になった為、和室の炉をきるところまでの予算が足りませんでした。

他にも、予算上妥協しているところはありますが、何を優先してやらなければいけないのか?を把握することが大切です。

炉をきるのは、描いた図面があるので出来なくは無いのですが。
今は、腕の良い職人さんであれば繁忙期。事前に話しておけば少しは融通が利きますが、繁忙期に施工依頼すると、工費が高くなります。


母は私にも、しっかりお稽古しなさいとのこと。
お抹茶を飲んでいると肌にも良いことがあると母は言いますが、確かに茶道をされている方はお年を召されても肌艶が良い方が多いような気がします。

IMG_6106.JPG
昨年の今頃は、わが家のリフォームでバタバタして居ましたが、今年は落ち着きました。
IMG_6107.JPG
リフォームでだいぶ使い勝手や居心地の良さは変わりますね!
一年暮らしてみて、そうしたことが、よくわかりました。


posted by kirara at 01:23| Comment(0) | 手づくりのモノ

2017年03月03日

建具の金物 長く使い続けるもの

IMG_6026.JPG
堀商店のカタログが20年ぶりに改定されました。
担当の方がお待ちくださって、嬉しいことに復刻版もありました。
鍵も、カタログなどにもないシークレットの特注品があり、それがまたいい感じ。

堀商店といえば、真鍮。
建て主さんのお宅に使わせていただいたのも真鍮のレバーハンドルや蝶番です。綺麗なラインのカーブは熟練した職人さんならではの技術です。

真鍮は使い込めば使うほどに深みが増します。肌触りも良く、使い手にも愛着が湧いてきます。
万が一、現在の住まいを離れなければならなくなった場合もこの金物だけは持っていかれる方が多いそう。

建築は、トータルの限られた予算の中で『どこまでその部分に資金が使えるか?』です。
良いものは長持ちするぶん、それなりのお値段にはなります。

トイレのノブが住まいの中で使用頻度一番が高く、通常の生活で目にすることが多い部分なので、ポイントで使うなら敢えてそこに使って欲しいとのこと!

日本の職人さんのハンドメイドこだわったものづくり。この金物は、職人の腕が問われる取付の困難なものがありますが、きちんと取付が出来ていれば、本当に丈夫です。

『防音扉のハンドルと言えば、堀商店さん。これ以上のものはございません!』という音響設計を専門に手がけているK氏からのお墨付きもあり。

形あるものはいずれは無くなってしまうことも多いものですが、大切に愛着持って使っていただけると嬉しいですね。
posted by kirara at 13:55| Comment(0) | 日記