2016年05月22日

古民家再生 撮影日

image-5e258.jpeg
撮影日の朝、建主さんがお世話をしているお地蔵さまにはお花が綺麗に供えてありました。
image-1cbde.jpeg
腰まわりの下見板は落ち着いた良い色合いになってきました。
image-82dd4.jpeg


image-39c13.jpeg
御自身の家の夜景を外からゆっくり眺めたのは初めてと仰っていました。
群青色に変わっていく空と漆喰と建具から溢れる光が全体を映えさせます。
image-0cae6.jpeg
大戸は江戸時代からのもので今でも使用されています。長押が下り重たくなっていた材を交換して真鍮のレールを磨きました。
image-afd42.jpeg
住まいの中心にキッチンを配置しました。増築部分の壁を抜いて、風と光を取り込むように考えたことで通風も良くなり、食堂や居間からも見通す事ができる明るいスペースになりました。
image-54de4.jpeg

image-85f9c.jpeg
格子の板戸を開ければ、食堂と居間を通して、庭を眺めることが出来ます。
この日は梅雨の始まりで曇り空の1日でしたが夕方頃の撮影でも建具を通して光が入ってきます。
建主さんは、海外での暮らしでも大丈夫そうなくらいに照明の明るさに慣れています。
読書をする時は、フロアスタンド等で手元の明るさを補います。
健康的で落ち着いた生活をするには、照明の照度は大切です。
image-2a2c2.jpeg

image-4b535.jpeg

image-3c8b7.jpeg
英国テーストがお好きと仰る建主さんは小物のセンスもよく、私がデザインさせていただいたテーブルと選んだ飛騨の椅子もぴったりです。
image-07428.jpeg
主寝室の漆喰も落ち着いてきました。
色漆喰は、経年変化と共に色が薄くなる傾向にあります。
リネンもコーディネートされて良い感じです。
image-f5492.jpg
娘さんのお部屋もグリーンでコーディネート。設計当初からグリーンが好みだとはお聞きしていましたが、草木などの自然の色合いを連想させる淡い色なので落ち着きますね。
食卓に向くのは暖色系。
書斎や勉強部屋に向くのは寒色系。
水周りは清潔感を出すなら寒色系といわれていますが、浴室など、ゆっくりしたいところは中性色が向きますので、グリーンが良いと思います。
image-f1984.jpeg
奥さまのご趣味はシュガークラフト。
砂糖で作られたシュガーケーキを飾る棚も作りました。
この日はバターケーキを焼いてくださっていましたのでいただく前に撮影。
輿水さんに撮影をお願いすると、いつもお花を生けるのは私の役目。
設計者自身がどんなものを飾ったらその空間が引き立つのかをよく知らなければいけないということを、教えて頂いているような気がして緊張します。
image-50003.jpeg


image-ebe42.jpeg
この住まいの大切なところは、建主さんやここで育ったご親戚の皆さんが大事にしてきたもの、想いがあるものをどれだけ残すことが出来たかということに尽きると思います。
仏間は壁の聚楽は塗り替えをし、古い建具や欄間、柱などは刷毛と雑巾で磨いて綺麗にしました。
床間の造作された収納棚は一度、外して補修をかけてまた取付けました。
流行に惑わされることなく、物を大切にする建主さんの気持ちが職人さん達にも伝わって良い仕事ができたと思います。
posted by kirara at 22:50| Comment(0) | 日記

野菜ボックスと無垢の床板

image-ac064.jpeg
建主さんが、御自宅のお庭で育てたじゃがいもをいただきました。
今年は出来が良くて豊作だそうです。ちょうど良いサイズで、お弁当のおかずにぴったりです。
image-3d1a4.jpeg
我が家では、根野菜は奥の収納スペースにこのように収まっています。
本当はゴミ箱が3個並ぶはずの設計をしていたのですが、母が野菜ボックスの方が良いと言うのでハンズで探して来ました。
プラスチック製なので、キャスターも軽く床板が傷付きません。組み立ても簡単で場所取らずですが、じゃがいもや人参などがたっぷり入ります。
image-e41b7.jpeg
手前が合板に薄くスライスした材(突き板)が貼られているフローリング材。
奥が木曽檜を18mmの材に製材してもらいました無垢材の床板。
傷付き易いのは無垢の床板ですが、一度傷が入ってしまうと埋めるしかない突き板やシートのフローリング材。
無垢材の凹みは水をしっかり絞った布を充ててアイロンで抑えると元に戻ります。
posted by kirara at 21:14| Comment(0) | 自然素材