2016年03月08日

インテリア

【戸建て住宅からマンション、事務所ビルまで対応します】
水周りの使い勝手に合わせたキッチン家具の提案&設計
テーブルひとつからのデザイン設計も行っています。
洗面ボウルなどの陶製品や、ステンドグラスなどを欄間や窓に取り入れる際のデザインもお受けしています。

家具職人、建具職人、陶芸家、ガラス職人さんなど、それぞれの職人さんとものづくり。
ひとつひとつ丁寧に心を込めて作ります。

先ずはご予算や、ご希望をお聞かせください。
古くなった家具のリメイクも出来ます。設備配管を仕込み、造付け家具で間仕切りを構成していくことも可能です。
DIYでは構造や設備などに干渉する部分では後々の不具合や危険を招く場合もありますので、併せて行う場合は事前にご相談ください。

image-efcd4.jpegimage-3d0c4.jpegimage-251c8.jpegimage-3ff0c.jpegimage-a1f5c.jpegimage-1412a.jpegimage-1ae69.jpegimage-970af.jpegimage-55777.jpegimage-6d1a0.jpeg
アトリエきらら一級建築士事務所
※古民家再生、戸建て新築&リフォーム、インテリア設計を主に行っています。
連絡先048-685-8277
携帯   090-2623-5205(小林)
メールteruko☆pichan.com

メールを送ってくださる方は☆印を@マークに変えてご連絡ください。
posted by kirara at 09:16| Comment(0) | お知らせ

我が家のキッチンリフォーム7日目

image-22661.jpeg
小雨の降るなか、キッチンパネルが搬入されました。
住宅では13年ぶりに使うので、色味がだいぶ入れ換えになっていました。トーンの低い色は重厚感がありますが、北側の寒い部屋ですので、暖色系でペールピンクにしてみました。今年はコーラルピンクなどは流行色です。
image-bd329.png
下地のボード貼りを終えて、キッチンパネルを貼っていきます。
image-f683a.jpeg
キッチンパネルは、油汚れが布で拭くだけですぐ落ちるのと、不燃材なのでコンロ周りには最適です。
しかし、平面的な面材なので色味を間違えるとトイレブースみたいな印象になりかねません。
最近では、モザイクタイルが流行りということもありタイル貼りがお施主さんの住まいでは多くなりました。
image-79c6f.jpeg
宮大工のMちゃん。母の話をよく聞いてくれて居てありがたいです。
見栄えに影響するような肝心な部分は私と打ち合わせ。
母は、極寒と臭気に長年悩まされてきましたが下地を終えた段階でこれら全てが解消しました。
image-a6d36.jpeg
今夜は肌寒い1日でしたので、お夕飯はブリしゃぶ。茹でたお野菜で身体も温まりました。
明日は都内まで。
posted by kirara at 00:32| Comment(0) | 設計事務所の仕事