2016年01月31日

人の縁から

image-193ab.jpeg
一昨年、財団法人主催の戸建てリフォームのセミナーでは一般的な住宅の場合をお話ましたが、今年はもう少し築年数が経った場合の民家の話をという事で古民家であるべき特徴や条件を専門ではない方にも興味を持っていただくにはどんなことを伝えたら良いかを検討中です。
もしかしたら、貴方の住まいも古民家ですよ!ということがあるかもしれません。
ところで、最近作りましたアルバムはお施主さんや職人さん達にも喜んでいただいています。
思っても見なかったことなのですが、関係者でない方も欲しいという方が結構いらっしゃって連絡がきています。
差し上げることは、プライバシーもありますので難しいのですが、出版社などで取材される場合はお施主さんにもご協力いただけそうです。
棟梁からもご連絡あって喜んでいただけて嬉しいです。10代で宮大工の西岡棟梁率いる現場に入ってからずっとひとり大工で来られた棟梁。『何かあったらいつでも呼んでください!』ということ。昨晩は、巨大な太刀魚と標準サイズの太刀魚が30匹釣れたそうです。お施主さんも、応援してくださるし、何よりも人の縁に恵まれている事がほんとうにありがたいと思う今日この頃です。

※西岡棟梁
1908年(明治41年)9月4日 - 1995年(平成7年)4月11日
奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺西里出身。祖父西岡常吉、父西岡楢光はともに法隆寺の宮大工棟梁で飛鳥時代から受け継がれていた寺院建築の技術を後世に伝えるなど「最後の宮大工」と称された。文化財保存技術者、文化功労者、斑鳩町名誉町民。(Wikipediaより)
posted by kirara at 18:59| Comment(0) | 設計事務所の仕事