2016年01月15日

フォトブック作成

image3.JPG
図面描きの合い間を見ながらのフォトブック作りは少し大変ですが終わりました。1軒、二軒、三軒目になるとさすがに誤字脱字が多くなり、何度も修正かけて頭がクラクラしてきました。職人さん分離発注の現場では週3回くらい現場へ管理に行っていましたので、かなりの写真の量です。
この作業を年ごとに行うことが書かれたお手紙がお世話になっている建築写真家の先輩から届きました。
毎年この時期は、実務が優先して次に確定申告などの準備がありますので。
お尻を叩かれて、やっと重い腰を上げる感じ。
image4.JPGimage5.JPG
image9.JPGimage3.JPG
image4.JPGimage5.JPG
image6.JPG
竣工から現場監理から既存の状態の写真まで。アルバムはお施主さんのぶんも作ります。

一方、実務のほうは現在、基本設計から実施設計に入る為に1/50の縮尺にあげて図面を描いてます。大壁の部分もありますが、基本真壁の考え方なので軸組の架構を検討しながらになるので、実質、実施設計になります。
真壁では1/50の平面図を描いているということは、伏図・軸組図・断面・矩計図なども同時に書いていると考えて頂ければ間違いありません。なのでひとつ間違えると、全てを直さなければならず、手書きよりもCADのほうがこの時は便利です。

◆・◆・◆−−−−−◆・◆・◆
ご相談・設計依頼は下記にご連絡ください
アトリエきらら 小林
電話:090-2623-5205 メール:teruko@pichan.com
posted by kirara at 07:41| Comment(0) | 設計事務所の仕事