2016年01月11日

彫刻と道具

IMG_7204.jpg
昨年の話。無形文化財彫刻師の佐藤昌月さん(板橋区)と(有)宮島建具社長の高橋利幸さん(志木市)のお2人が真剣に蚤を叩いているのは木製のベルに彫るデザインの試し掘り。

ここでは、書くことはできませんが木の繊維の向きもあって、木の扱いが慣れた2人でもなかなか難しいとのこと。私が考えて描いた絵の密度が高いとのことで、もう少し簡略化しないと折角彫刻を入れても剥がれてしまいそうとのことです。
IMG_7206.jpg

鳩がオリーブの葉を咥えて水面に降りるイメージから発想したのですが、これは聖書から学んだものです。ノアの箱舟(創世記8章)・イエスキリストの洗礼(マルコ1章9節〜11節)に鳩は必ず約束事を守りかえってくる帰還能力の高い鳥だとされています。

そのため、平和や慰めの象徴として、私達に心の平穏と慰めを与える聖霊として位置づけられています。

あるホルン奏者の方が自分自身はクリスチャンではないけれど、音楽はキリスト教に神に通じるところがあるという話しをされたので考えて見ました。IMG_7198.jpg
浮かし彫りなら出来るかどうかということでしたが、佐藤さんのお話しに拠ると、彫り込んだほうが良いとのこと。
N響奏者の方はこの図案がとても気に入ったとのことで良かったです。

元々、ホルンは金管楽器。ベルの部分を木にすることで音色が柔らかになるとのこと。微妙なスクエアが音の質を左右するとのことで、そのバランスは高橋さんでないと製作不可能だそうです。

自身も金管楽器を弾くからこそできることなのかもしれませんね。
posted by kirara at 17:06| Comment(0) | 手づくりのモノ

2016年01月10日

冷暖房機器

今朝は、部屋の中が寒い。
起きたては、吐く息が白くなります。
母も年々、寒がりになったせいか今年は床暖房の利用頻度が高いような気がします。
我が家は電気パネルの床暖房でランニングコストが高い。
一方、三女の家はオール電化にしましたのでお湯をまわすシステムで24時間床暖房を入れてもそれほどのコストにはなっていないようです。月25,000円〜30,000の電気代。これを意外とかからないじゃない?と思えるのは人それぞれ。因みに、我が家はそんなに光熱費はかけられません。
二女の家は、床暖房を設置せずのガスストーブ(FF)これがどうも一番経済的で温かいようです。施主さんの家もFFを入れることがありますが、皆さん温かいと言います。
image2.JPG
雲南省に居る施主さんから届いた画像。建水の陶芸家、浪さんからだという。
少し前に私がスケッチしたデザインを採用して食器セットを作ったのだとか。手びねりなので、土の温かさが伝わってくる素朴な器になりました。
image3.JPG
5客セットにするには、もう少し改良が必要です。ですが、浪さんのスタイルもしっかり出てていい感じです。
雲南省は「春の街」といわれるほど、一年中が温暖で穏やかな気候で知られて居ますが、ここ数年は冬場はしっかり寒く、冷暖房の無い土地柄、皆さんはジャケットやコートを着て室内で過ごしているそうです。
私が訪ねたのは昨年の10月。12月頃には初雪が舞ったそうです。
今後、この地にも冷暖房が必要な日が来るのでしょうか?それすなわち、世界中の環境破壊や温暖化が進んでいるという証でもあります。原生林が多く遺るこの地は保護しなくてはいけないと感じます。

◆・◆・◆−−−−−◆・◆・◆
ご相談・設計依頼は下記にご連絡ください
アトリエきらら 小林
電話:090-2623-5205 メール:teruko@pichan.com
posted by kirara at 08:23| Comment(0) | 環境・防災

2016年01月05日

2016年カレンダー

image1.JPG
当事務所のロゴをデザインしてくださったSHROKUMA DESIGN OFFICE 剣持章生氏から卓上カレンダーが届きました。ありがとうございます。
写真を撮るのがご趣味の章生氏。イラストレーター&絵本作家をご職業としている夫人の晶子さん。毎年、ご夫婦でそれぞれに製作された2つのカレンダーは対照的でありながらバランスがとれています。

当事務所のロゴは5案も出していただいたデザインを当時、お施主さんだったご家族に家族会議で決めていただきました。
デザイナーである章生氏も最初のインスピレーションで描いたものが決まったということでしたが、私も多く出していただいたデザイン案の中で同じものに魅かれました。
それぞれに、どれも良く練られたデザインでコンセプトもあり、素晴らしいものでした。

このことがあって、関わる人全てに心に響く感性が共有できた時に、良いものづくりができるということに気が付きました。建築設計で言えば「施主」「設計者」「施工者」です。
今でも、ご依頼してくださるお施主さん方々は事務所のロゴが好きだと仰る方も多く、小鳥がスヤスヤと眠り巣ごもりをしているデザインになっていることに気付いています。「小鳥の巣ごもり」は、「安らげる住まい」という意味があります。またそうしたコンセプトからデザインされたロゴです。
カレンダーをいただくと、初心を思い出し、また一年頑張ろうという気持ちになります。

当事務所は昨日より、新年初仕事をしています。
posted by kirara at 12:07| Comment(0) | お知らせ