2016年01月18日

玄昌石【天然スレート】

image-ee67d.jpeg
昨夜から明け方にかけて雪が降って、積もりました。
お庭に植えてあるトマトや椿など霜げて台なしだわ〜と母。滑らないように階段の雪を退けましたが、明日は凍っていることでしょうね。
我が家の玄関は、玄昌石です。よく知られているのは宮城県石巻市の雄勝産玄昌石。東京駅の屋根、岩崎弥太郎記念館、鎌倉に点在している古い洋館などにも使われています。

産地は国内で二箇所ありますが、先の東日本大震災で知られるようになったのは雄勝の玄昌石です。
天然の風合いが、美しいこの石は熟練した職人の手によって薄く剥いだり、重ねたりしていきます。屋根葺きにおいては専門の職人が行います。お手入れは、専用のワックスがあるので、我が家では年に一度程度かけていました。自然素材に限らず、モノを長持ちさせるにはお手入れは必要です。ワックスかけたばかりや、水打ちした際の黒光りした艶が美しいので、料理屋さんでも使われているところもあります。海外産では、天然スレートと呼ばれるものです。産地はオランダのものが値段も張りますが、強度もあります。
天然玄昌石は、だいぶ数は減ったものの、石巻に行くと一般のご家庭の屋根に今でも見ることができます。それは、硯の産地だからですね。津波の報道から知った方も多いのではないでしょうか?
たくさんの尊い命が失われました。硯は遺りました。
IMGP0033.JPG
※写真はお施主さん所有の味噌蔵(屋根が玄晶石)

屋根材や壁や床材に天然石を使うときは、それぞれの石の性質を知ることが大切。
雪が積もって凍結したりすると、少しずつ劣化していくものもあります。産地を知ることとも必要ですね。同じ石材でも、目の詰まり具合などが環境や地層によって違うと石屋さんに教えていただきました。
posted by kirara at 12:48| Comment(0) | 手づくりのモノ

2016年01月17日

木の話

20131122_210627 - コピー.jpg
建具職人手作りの「歩くアヒル」
現在、80歳代の職人さんですが、今は仕事からは引退されています。
建具製作は細かく、繊細な作業。
手が仕事を覚えていて、ご本人は仕事をしている感覚で毎日アヒルづくりをしているとご親族からお聞きしました。

青色、緑青色をしたアヒルには塗料が塗られていますが、その他のアヒルは木の素地そのまま。
濃い茶色のアヒルは欅(ケヤキ)、黄色味がかった色のアヒルは桧葉(ヒバ)、白っぽい色のアヒルは米ヒバ。中間色は桧(ヒノキ)や楢(ナラ)です。
建具屋さんが製作する材料としてメジャーな杉(スギ)は繊維方向が割れやすいということもあってか、このアヒルのなかには居ません。このアヒルは、木取りした木材から出た廃材で製作しているとのこと。

ご本人の意志がないので、非売品ですが建具店からいただいてきました。

木のことをよく知り尽くした職人さんならではの趣味。
建具は建築の部位のなかで、正確さや強度が求められます。日常生活で扉や窓を開閉することは多いですよね!
使い手が一番、目につくところです。隙間や開閉の不具合によってはストレスを感じてしまいます。

手先が器用で、技術を持っているだけでは良い建具を作ることはできないとのこと。
木は樹種ごとに、性質や強度も異なるので、適材適所で、どのようにどの部位を使うことができるかを瞬時に判断できるかが、重要とお聞きしました。

建築物に使われる材料も均一に安定した良産品=量産品のシェアが大きくなるほど、機械によるものが多数を占めるようになります。

集成材は無垢材とは異なり、反りやムクリなど木の持つ欠点を補うように角材にして接着したものです。本来、職人が行なうべき役割を省くことで安定した製品を提供することを可能にした製品だと私は理解しています。「手間がかからず、時間が短縮できる。そのことでコストを削減できる」ということになりますが、本当にモノづくりはこのままで良いのか?という疑問が常にあります。


無垢材を構造材や化粧材に使うには、それぞれの木のクセを知って木取りを行なわねばならず、そうでなければ、何十年もかけて育てた木が無駄になってしまいます。一本の丸太からは柱、或は梁材を取った他に下地補強材、床材、天井材や建具の桟、見切り材なども取ることが可能な場合もあります。

木のことをよく知っている職人自らが機械を使って製材されたものであれば、そのことを視野に入れて木取りを行うことができますが、流れ作業のような工場ではどうでしょうか?

柱や梁を一本の値段は丸太一本の値段です。製材されているものであっても同じだということを考えると、丸太一本を買ったほうが上手に使えば材料やコストを無駄にするということもありませんね。
その辺りは職人に聞いてみるのも良いかもしれません。
posted by kirara at 11:01| Comment(0) | 民家再生

2016年01月15日

フォトブック作成

image3.JPG
図面描きの合い間を見ながらのフォトブック作りは少し大変ですが終わりました。1軒、二軒、三軒目になるとさすがに誤字脱字が多くなり、何度も修正かけて頭がクラクラしてきました。職人さん分離発注の現場では週3回くらい現場へ管理に行っていましたので、かなりの写真の量です。
この作業を年ごとに行うことが書かれたお手紙がお世話になっている建築写真家の先輩から届きました。
毎年この時期は、実務が優先して次に確定申告などの準備がありますので。
お尻を叩かれて、やっと重い腰を上げる感じ。
image4.JPGimage5.JPG
image9.JPGimage3.JPG
image4.JPGimage5.JPG
image6.JPG
竣工から現場監理から既存の状態の写真まで。アルバムはお施主さんのぶんも作ります。

一方、実務のほうは現在、基本設計から実施設計に入る為に1/50の縮尺にあげて図面を描いてます。大壁の部分もありますが、基本真壁の考え方なので軸組の架構を検討しながらになるので、実質、実施設計になります。
真壁では1/50の平面図を描いているということは、伏図・軸組図・断面・矩計図なども同時に書いていると考えて頂ければ間違いありません。なのでひとつ間違えると、全てを直さなければならず、手書きよりもCADのほうがこの時は便利です。

◆・◆・◆−−−−−◆・◆・◆
ご相談・設計依頼は下記にご連絡ください
アトリエきらら 小林
電話:090-2623-5205 メール:teruko@pichan.com
posted by kirara at 07:41| Comment(0) | 設計事務所の仕事