2012年12月14日

新東京駅舎

20121201_143438.jpg
久しぶりの快晴。
冬の訪れを感じさせるような景色を目にしながら、都内へ。
1914年(大正3年)に創建された東京駅丸の内駅舎は建築家 辰野金吾(日本銀行・旧朝鮮銀行本店・奈良ホテル本館・旧台湾総督府庁舎などが主な作品にある)による設計。
空襲で駅舎が炎上したドーム屋根の3階部分が復元され、67年ぶりにその姿がお目見えしました。これまでの馴染みは焼失後に急遽かけられた八角形の屋根でしたが、写真のような元の姿に。やはり、元図(設計図)通りに復元された姿のほうが、バランスが良いですね。
2階までは鉄骨レンガ造、3階は鉄筋コンクリート造と、耐震性と安全性を確保する為、免震構造と既存構造と現代の技術との結合です。
屋根は天然スレート(玄晶石)葺きです。一枚一枚を、専門の職人さんが丁寧に取り付けていきます。
左右のドームなどには石巻市雄勝からのものが使われていますが、TVなどでも一時特集していたこともありましたので、東日本大震災後のことなどご存知の方も多いと思います。続きを読む
posted by kirara at 04:08| Comment(0) | 建物探訪

タイル張りのお風呂

396684_365261506896445_1234643766_n.jpg
隣地の竹林が見えるお風呂。
やっぱり、お風呂は足が伸ばせるのが気持ち良いですね。
こちらのお風呂はイタリアから取り寄せた50角のタイルを貼っていただきました。最近はユニットバスが主流ですが、在来で桧板貼りやこのようにタイルを貼るのも良いものです。
posted by kirara at 03:54| Comment(0) | 設計事務所の仕事